症状

痛風はCS60で改善する?

投稿日:

生体電流整流器CS60には痛風の改善例があり、CS60本部サイトでも紹介されています。

痛みが出ている部分には施術をしない。腹部、脇腹、背中のあばら骨の最下部あたりを「CS60」で施術。数時間後から翌日に掛けて痛みが軽減する。

引用:CS60本部サイト

CS60♠スペードでは富山・石川県をエリアにCS60を使った施術を行っています。

痛風について

痛風は尿酸が関節の中で硬化することで起こる関節炎の症状が出る疾患です。

放置していると

  • 関節の痛みが悪化
  • 体の様々な場所に結節ができる
  • 腎臓の状態が悪化

などのさまざまな症状が悪化してしまいます。

痛風は尿酸値が高いと起こる

尿酸値が高い状態が続くと痛風が発症します。

高尿酸血症と呼ばれる尿酸値が高い状態が続くと突然、関節が赤く腫れて痛みだすことがあります。

突発的な関節の痛みは痛風発作と呼ばれ、10日ほどで収まり症状がなくなります。

痛風発作と呼ばれる症状ですが、薬を利用すれば割とすぐに快復します。

ただ、1年以内に同じ症状に見舞われるケースが多いので安心できません。

発症の感覚はどんどん短くなり、ひどくなると関節の痛みだけでなく、結節ができ始め、腎臓の状態も悪化します。

痛風が慢性化する場合はひどい痛みに悩まされます。

痛風の改善にCS60を試すなら♠スペード(富山・石川)

CS60富山石川001

痛風にお悩みの方は、生体電流整流器CS60による全身施術で改善が見込める可能性があります。

CS60の作用で細胞を活性させ自然治癒力が高まるためです。

参考CS60について

CS60♠スペードでは富山・石川県をエリアにCS60を使った施術を行っています。

-症状

Copyright© CS60♠スペード(富山・石川) , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.